スマホで副収入を得る!アプリ制作のためのツール紹介3選!

スマホで副収入を得る!アプリ制作のためのツール紹介3選!

1.アプリを作る

スマホで副収入を得る方法の一つに、「アプリ開発」があります。うまく行けば、スマホで副収入が得られます。
しかし、アプリを開発してスマホで副収入を得ようと思っても、プログラミングをしたことがなければ、かなり敷居が高く感じられてしまいます。

そういった人におすすめしたいのが、「アプリ開発をサポートしてくれるサイト」です。
以下で紹介するサイトを使えば、プログラミングをしたことがなくても、比較的容易にアプリ開発ができます。

2.どんなものを作るかはあなた次第

一つ目は、「Monaca」
国産のサイトです。「HTML」「CSS」「PHP」がある程度分かっていれば、初心者でも簡単にアプリを作れるようになっています。

「開発環境を選べる」「開発コースを選べる」というのが大きな特徴です。
開発環境は、「クラウド上」と「ローカル」のどちらかを選ぶことができ、開発コースは「ハイブリッドアプリ開発コース」「ビジネス向け」など六つの中から選ぶことができます。

無料で使えるコースもあるので、「とりあえずアプリを作ってみたい」という人におすすめです。

3.本格的なアプリ

二つ目は、「Yappli」
プログラミングをしたことがなくても、本格的なアプリが作れるサイトです。

元ヤフーのメンバーが開発に関わっているので、初心者でも素人っぽさのないアプリを作れるようになっています。
「新生銀行」や「BURTON」などの企業も使っており、そのクオリティーは折り紙付きです。ただし、「月額利用料が最低9,800円かかる」という難点があります。

そのため、個人で使うのは経済的な観点から難しく、法人向けといえます。

4.初心者向けのアプリ

三つ目は、「アプリビルダー」
無料でアプリが作れるサイトです。最大の特徴は、「アプリのベースが9種類ある」ということです。

「ミニゲーム」「フリックコンテンツ」などの種類が用意されているので、無駄に悩まなくて済みますし、プログラミング言語を使えなくても大丈夫な仕様になっています。
ただし、公開するには、自分で設定を行う必要があります。アプリを作った後、zipファイルなどをダウンロードしてからリリース設定を行います。

5.実践販売用

四つ目は、「アプスタ」。
実店舗のアプリ制作に注力しているサイトです。

「クーポン機能」「スタンプカード機能」「ダイレクトメール機能」などビジネス向けのツールがたくさんあるので、使いこなすことができれば売上や集客数の向上が期待できます。
商用のアプリ開発を考えている人におすすめです。ただし、初期費用に加えて月額5,000円の利用料が必要です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ